TAC Tシャツができました

待望のTAC タッくんTシャツが出来上がりました。👍

 

このTシャツは学生Kさんの考えてくれたデザインで、Alexander のAがTAC公式キャラクターのタッくんになっています。

なかなかかわいいデザイン!❤️

 

色は、基本黒色にしようと思っていたのですが、自由に皆さんに選んでもらったら、本当に色とりどり!

この写真にあるのは、その中のほんの一部です。

 


これから、このユニフォームを着て、ワークをがんばるぞ!💪

 

f:id:TACalexander:20240515175426j:image

残念ながら、TAC Tシャツを着たクラスの集合写真がないのです…。

 

 

2024年5月8日 プレゼンテーション

皆さん こんにちは。TACアシスタントの棚橋です。

 

GWが終わり、また学校が始まりました。

 

そしてまた今学期もプレゼンテーションの順番が回ってきました。😂

 

今回の私のテーマは、

マインドマップを書いてみよう!」でした。

 

f:id:TACalexander:20240514164938j:image

 

マインドマップは、私がドイツのAT教師養成の学校に居た頃にやった覚えがあり、

当時の私はマインドマップを初めて知る機会でもあり、自分の頭の中にあることがぱっと見て整理できる利点があると感じました。

 

そして今、毎日私たちがATについて考える中で、ATをあえて真ん中に持ってきて、そこからいろんなものを見てみるのは面白いし、TACの学生さん、スタッフがATと自分の関係をどう考えているのか?を知ってみたいと思いました。


f:id:TACalexander:20240514164941j:image

まずは、スケッチブックの真ん中に「アレクサンダーテクニーク」と書いて

そこからスタートです。

 

実は、マインドマップの定義みたいなのを調べてみると、けっこう細かく決まりがあるようなのですが、ちょっとややこしいので、今回はあまり詳しくやらないことにしました。

 

そして、15分から20分くらい、各自でマインドマップを書く時間をとりました。

 

今回私たちが書いたのは、世の中でマインドマップと定義されているそれとはかけ離れていて、みんな好き好きに書いた「マインドマップもどき」でした。😂

 

でもそれはそれで、とてもおもしろかったですね。

 


皆の作品はこちら! 一部ですが。↑↑↑

(クラスの皆さんのプライバシーに関わりそうなので、あえて小さく載せています)

 

私自身は、いろいろ考え過ぎて時間内にあまり進まなかったこと、正しいマインドマップを作ろうとし過ぎて自分の書きたい事が制限されてしまった事、などを感じました。

 

あと私の場合は、生活がAT中心に全てが回っている感じが強く、ATを真ん中に置いて、マインドマッピングして行く事に全く違和感がなかったけれど、他の人は実際どうなんだろうなあ?と改めて思いました。

 

そして、他の皆さんの感想は、結構楽しく書いておられた様でした😊

他人の頭の中を覗いたような気分!

皆さん、その人らしい感じのマップや言葉を選ばれていましたね。

 

次は、「アレクサンダーテクニーク」と言うワードを真ん中に持ってこないマインドマッピングを作ってみるのもありかもしれないですね。

 

 

 

 

 

 

2024年4月24日 音楽プロセス体験ワークショップ 3回目

 

utenamuse.jp

ゴールデンウイーク前の水曜日、TACでは谷中先生の音楽プロセス体験ワークショップ第3回目がありました。

 

今回は、なんと「個人レッスン」をして頂きました。

今まではグループワークでそれはそれでみんなで楽しかったのですが、今回は個人に合わせて指導して頂けると言うことで、またとても特別な時間になりました。

 

受講したのは、学生&スタッフ6人。

 

あえて、みんな違う課題をやって頂いた様です。

 

例えば、

●音楽に合わせて丸を書く

●ピアノの音の鳴っている時のみ線を描く

●わらべ歌を聞きながら花びらのような形を描く

●メロディーを聞きながら、自由にクレヨンを走らせる

 

f:id:TACalexander:20240503202240j:image

などなど、どれも音楽を構成している要素を描くワークなのですね。

 

今回の感想の一部を抜粋させて頂きます。

 

🍀今日は30年ぶりぐらいにピアノに触りました。
そして「新しい事」に挑戦して最初はちょっと戸惑いましたが
教えて頂いた「大きい丸」を描いた時
「ああ、これは実は自分の中にちゃんとある丸だ」と思い、安心感を得ました。

「ちょっと苦手なこと、難しそうなこと」と
「大きな丸」とを行ったり来たりする体験でした。

 

☘️楽しかったです。
音楽を聴きながら描くこと自体が自由で自分を解放する様です。
描いた絵はその時の自分が反映されているのだと思いました。
自分と向き合う時間、自分を発見する時間となりました。

 

🍀音楽は「音を楽しむ」と書きますが、文字通り「音を楽しむ」経験になりました。
音をよく聴くということを、谷中先生から教えていただけたように思います。
人の話をよく聴くことの重要性や、難しさはよく言われることですが、人の声、楽器の音を聴くことも同じくらい難しく、奥深いことを知りました。「音が生きている」「音にも生命がある」そのように音が聴こえてきて、音が聞こえるということが、当たり前のことではなく、とても有難いことなのだと感じました。これからもっと、音を聴くことを大切にしていきたいと思いました。

 

☘️私は、大きな円を8等分して、わらべ歌を聴きながら、花びらのように拍を取ったり外・内というラインを描きながら拍を取ったりしました。
何も考えず、ラインを描いていましたが、描いたラインによって、歌詞やメロディーラインの起承転結を感じたり、三拍子の弾む感じに乗ったり、全体のバランスを取りながらちょっと冷静に聴けたり、と自分の中に入ってくる要素がそれぞれ変わってきて、とても面白い体験でした。

 

🍀自分の内部変化が、違う形で表現されると、自分が受け取っていたものや、出したかったものが身体の体験として残る感じがして、この積み重ねは、きっと自分を豊かにするなあ❗と感じました。

 

 

皆さん、いろいろな体験をされたようですね。

そして、楽しそう!☺️

今回は、短い時間しかできませんでしたが、また更にこの音楽プロセス体験の深い部分まで覗いてもらえるといいですね。

 

谷中先生、通算3回ものレッスンをして頂きありがとうございました。

 







 

 

タッくん連載マンガ⑤

 

f:id:TACalexander:20240428154325p:image

 

皆さん、こんにちわ。

タッくんマンガを更新致しました。

 

実は、今回の分、ずいぶん前から出来上がっていたのですが、更新がやっと今になりました。

と言うのは、タッくんマンガの裏話ですが、Kさんにマンガを描いてもらったら、クラスでの会議にかけて、学生やスタッフで内容はこれで良いかを話合います。

 

「これでは、意味が通じないんじゃないか?」

「ちょっとこれでは、怪しいレッスンに見えてしまう!」(笑)

など、毎回、意見を出してもらっています。

 

と言う事で、今回もいろいろ試行錯誤の中で、生まれたタッくんマンガです。

 

皆さんにレッスンの感じが上手く伝わると良いのですが!

 

tac-self-fullness.net

 

 

タッくん連載マンガ④

 

 


皆さん こんにちは。

 

4月に入り、新学期が始まりました。

皆2年生になり、日々頑張っています。

 

さて、久しぶりの更新!

お待たせしました。

タッくんのマンガシリーズです。

 

tac-self-fullness.net

 

トライアルレッスン 受講ご感想③

皆さん こんにちわ。

 

今学期もあと残りわずかとなりました。

 

さて、最近トライアルレッスンを受講されたTさん(女性)から感想を頂きました。ご本人の許可を得ましたので、こちらに掲載させて頂きます。                                      

🌸🌸🌸          

 

1回目のレッスンは、先生が仰ることに集中していたら、あっという間の時間でした。

レッスン室の外から鳥の鳴き声や生活音が程良く聞こえて、先生の「外からのエネルギー、1階や周りの部屋との空間」という言葉がイメージしやすく、先生の声のトーンも集中しやすかったです。

そして、自分を木に見立ててイメージすることも、とても実感しやすかったです。

逆に、「自分の内なる流れ」は、私にとってイメージは出来ても、感じにくいのかな?と思いました。

 

 

椅子から立つ動作は、頭で考え過ぎてしまうと逆にスムーズに動けなくなり、普段、どれだけ無意識に行動しているか、そして、瞬発力を使って動いているのかを実感しました。

この「頭で考え過ぎてしまうと、身体がスムーズに動かなくなる事」は、私の場合、ピアノ演奏の場でも似た様なケースが多いので、「やっぱり、全てが繋がっているんだなぁ」と感じました。

 

1回目のレッスン後は、頭の中では色々と振り返る事が多くてパンパンでしたが、身体はとても軽くなったのを

感じました。

 

 

2回目、3回目とレッスンを受けさせて頂いて、先生の言葉の中で印象的で、心にすんなりと入ってきた言葉が

いくつかあります。

「ありのままをただただ感じて、ただただ受け止める。」

「分析したり、そこから膨らませない。」

「ぼ~っと見える、ぼ~っと感じる位がちょうどいいのかもしれません。」という言葉を聞いた途端に身体が

フッと軽くなり、心も楽になりました。

 

自分の身体は力みやすく、身体を緩ませること、脱力と支えのバランスについて常に意識していたので、

「知らないうちに、自分で自分に暗示をかけて、身体を緊張させていたのかもしれないなぁ。」とも感じました。

 

 

4回目、5回目と進むうちに、「大きく捉えること、万物との繋がり」と世界が大きくなっていって、これは

とてもイメージしやすく、椅子から立つ動作も、少しずつ楽になっていきました。

ライダウンは、私にとって初回からとても心地良く、海に浮かんでいる様な感覚でした。

 

 

とても不思議だったのは、帰りの電車の中で毎回、熟睡だったことです。

一瞬で眠り、寝起きもすっきりして、短時間で質の良い睡眠は久々だったので、とても驚きました。

 

 

 

 

今回レッスンを受けさせて頂いて、何事もやり過ぎないバランスや「今に耳を澄ませたり、感じたり、イメージする」という感覚や時間が自分に足りていなかった事を改めて、感じました。

 

レッスンを受けている時間は、昔住んでいたドイツの時間の流れに似ていてとても緩やかで懐かしく、心地よい豊かな時間でした。

 

 

ありがとうございました。                                               

🍀🌹🍀

 

素敵な感想をありがとうございました。

 

トライアルレッスンは、引き続き行っておりますので、是非ご興味のある方はお申し込みください。